憲法九条を世界に輝かせる運動を この四日市からも広めよう!

 21世紀こそは平和の世紀、と世界中の人々が待望したにもかかわらず、現実の国際
社会の動きはその願いに反する状況となっています。そして、日本政府の動きもアメリ
カにのみ追従する姿勢で、イラクへ自衛隊を派兵するにまで至り、今や日本国憲法は大
きな試練にさらされ、それと共に九条を中心にこの憲法を「改正」しようとする動きが
強まっています。

 私たちは、この憲法は日本による侵略戦争によって300万人余もの自国民の死者と
共に2000万人を越えるアジア諸国民の死者を出した加害と被害の歴史への真摯な反
省から生まれたものであり、二度と再び戦争をしない、という国民の願いとアジア諸国
への「戦後への公約」として誕生したものと受けとめています。 また、日本国憲法と
は、国民に対して政府が守らなければならない約束であり、私たちの生活と命を守るも
のであると共にアジア及び世界の平和を創る礎になるものと考えています。
 
 武力による紛争解決が何の成果も生み出し得ていないイラクの現状を見る時、今すべ
きことは九条を「改正」して日本を「戦争をする国」にすることではなくて、憲法九条
の平和主義を世界に訴え実現していくことが日本の果たすべきことであり、国際貢献で
あると考えます。 

 私たちは、昨年6月、日本の知性と良心を代表する文化人9人によって呼びかけられ
た「九条の会」アピールに心から賛同します。そして「憲法九条を守るという一点で手
をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため」にこの四日市で出来ることを追求していき
たいと願い「九条の会・よっかいち」の設立を決意しました。
 
 お互いの思想・信条を尊重しあいつつ、それぞれが対等な「市民」の立場で参加し、
若い世代にも積極的に呼びかけ、この運動を国民の過半数の賛同を得られるように広め
ていきましょう!                         

                                                  2005年5月21日


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー