―――――――――――――――――――――――――――――    
       九条・よっかいち 第2回例会の報告
―――――――――――――――――――――――――――――
 8月12日(金)午後6時から四日市総合文化会館第3ホール
で第2回例会が行われました。参加者は83名。映画と学習会を
開催しました。
 映画は、ジャン・ユンカーマン監督作品の「日本国憲法」。日
高六郎氏をはじめアメリカ占領軍の一員として憲法づくりに参加
したベアテ・シロタ・ゴードンなど世界の著名人が日本国憲法に
ついて語ったものです。なかでも元CIA顧問のチャルマーズ・
ジョンソンの「武力行使の放棄を誓った第9条こそが、日本のア
ジア諸国に対する戦後謝罪だったのです。第9条の放棄は謝罪を
放棄することです」の話しはたいへん印象に残りました。
 学習会は四日市大学教授の坂東行和先生、固い話しになりがち
な憲法講話を歌とものまねを交えての語りに仕上げ、もっと聞き
たかった、との声があがるほど。なかでも「日本で一番憲法を守
っているのは、天皇である」の一節で紹介された、玉音放送は玄
人がはだしで逃げ出すか、と思うほどの出来映え。学習会は終始
笑いと感動で包まれました。
―――――――――――――――――――――――――――――
概 要

18:00 開会あいさつ
    設立の集い以降の経過報告
    9700人を集めた有明講演会(7/30)の報告
18:30 映画『 日本国憲法 』
19:50 講話『 世界から見たわたしたちの憲法 』
    講師:板東行和さん(四日市大学教授)
20:20 意見交換・閉会
    事務局より「9.10澤地久枝講演会への参加の訴え」
―――――――――――――――――――――――――――――
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー